音楽と人と自然はいつも無限大。…そして『石川大地』も。 音楽と人と自然を愛し、独自の世界観を作り出すシンガーソングライター『石川大地』のブログ。

石川大地と音楽と自然と。

8月15日終戦の日とホワイトバンドと石川大地と。 | main | 感動と音楽と石川大地と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
音楽配信と「iTunes Music Store」と石川大地と。
音楽という媒体は形を変え、
経路を変え、一体どこに向かっていくのだろう?

iTunes

アップルコンピュータは2005年8月8日、
音楽配信サービス「iTunes Music Store」の楽曲販売数が、
8月4日のサービス開始からわずか4日目で100万曲を突破したと発表した。

アップルCEO(最高経営責任者)のスティーブ・ジョブズ氏は、

「iTunes Music Storeは、わずか4日間で
日本におけるNo.1のオンラインミュージックストアとなった。
日本の他の音楽配信サービスが1ヶ月で達成した実績の倍にあたる曲数が、
iTunesではわずか4日で販売されたことになる」


と述べている。

iTunes Music Storeは、邦楽と洋楽合わせて
100万曲を用意し、国内のレコード会社15社が参加。
90%の曲が150円で、10%の曲が200円で提供される。

単純に考えて、CD屋に足を運ばなくても
音源は安く手に入り、その上至って簡単。
更に、自分が気に入った曲だけを購入でき、
無駄買いをすることもなくなる。

音楽の楽しみ方が少し変わってきてるように思う。
今までは、聴かないからこそ、
それを気に入った時の喜びが大きかった。
このような流れになり、そういう楽しみ方は減ってしまうとは思う。
でも、楽曲のほとんどが試聴できて、
すぐに購入できる形なのであれば、
リスナーにとってはこれを利用しない手はない。

逆に、アーティスト側にとっても
非常にメリットのある形になるかもしれない。
言ってしまえば、メジャーやインディース、自主出版の垣根なく、
誰にでも発信するチャンスが与えられる事にもなる。

既存の有名なアーティストは
今の段階でも既に優遇された環境にあるのかもしれない。
でも、いずれCDという媒体を通してリスナーに音源が渡るという、
従来の流れが変わってしまうのであれば、
その時には音楽を商売としているレコード会社などの
営利目的団体にとって何よりも脅威となってしまうことは確か。

今一度、音楽の発信の仕方やリスナーへの繋がりを
再確認し、再考慮する時期にあるのだと示されているのだ。


音源の経路がどのように変わろうとも、
良い作品を世に出す価値観は変えず、
リスナーも淡白なものとして捉えらる事のないようにして欲しい。

i-podなどの流通により、リスナー型の音源へと変化していっている。
それは音楽を愛する、いち音楽ファンとしても嬉しい事なのかもしれない。
ただ、勝手に一人で心配しているのは、音楽への気持ちや想い、
そのものの存在が薄れてしまうような錯覚(?)を感じてならない。

従来、音楽というものはアーティストが、
自ら創作した楽曲をリスナーに聴いてもらうことによって
リスナーとの繋がりが生まれ、直接的な接点はなくとも、
お互いがより密接に感じられる関係が築けたのかもしれない。

もっと予想もつかないような混沌とした世界・市場への、
音楽業界自体の望まれぬ進化はあまり考えたくはない。



『iTunes』に関して調べてみると、
実に様々な人がもう活用している事が分かる。
『iPod』すら持っていない中で
どんどん時代に取り残されていってる感じ(汗)

利便性に勝るものはないのが世の常なのかな?

『iTunes』を利用している方々の
生の声というか、実際のところ良いのか悪いのか。
音楽市場にとっての方向性としてどうかなど、
何だか直接聞いてみたい気もする。

で、実際どうなのかな?便利そうだけど。。。
スポンサーサイト
| 音楽 | 13:19 | トラックバック:1コメント:6
コメント
トラックバックありがとうございます。ミュージシャンの方から、iTunesを使っている人の意見をということで、自分なりの意見を書かせていただきます。
私も古い世代の人間で、好きな音楽はお金を払ってCD等を買ってという意識が常識のように思っておりました。お目当ての局の入ったアルバムに収められていた、他の曲から、また別のメッセージを作家の方から受け取って、また見方が変わったり、より多くの曲を聴いて見たくなったりした経験もあります。その意味で、今後もCDやレコード媒体での作家と視聴者のコミュニケーションは変わらず続いて行くと思います。このような場合、好きなミュージシャンの曲を手軽に持ち運べる形にしてくれて、持ち運べるiTunes&iPodの誕生は画期的であったと思います。
しかし、世の中のスピードは非常に速くなっており、自分の好きな曲だけをダウンロードして聴きたいという人も多いです。そういう人にいかに多くの自分たちのメッセージを伝えて行くか、また、他の曲もきいてもらえるか、ほんとうの実力が問われる時代でしょうね。
ちなみに、私のiPodの中身は、音楽もですが、大半が「落語」でして、ミュージシャンの方に大きな口をたたけるものではありません。
2005.08.21 Sun 02:16 | URL | たつ
たつさんコメントありがとうございます^^
はじめまして☆

iPodの中身が落語ですか!?
実は大地の知り合いにも、同じように落語を入れている人がいますけど、失礼ですが、落語って何回も同じのを聴けるものなんでしょうか?何回は繰り返し聴けるとは思うけど、音楽のように何百回も聴けるものかと、ただただ不思議に思いまして。

というか、音楽も何回くらい繰り返し聴いてるものなんでしょうね。思い入れの強さによりけりかも知れないですけど、大地は一度気に入ると、数ヶ月はそれ一曲ばかり聴く、という事もありますからね(笑)

話題が反れましたが、iTunesの便宜性が、良い方に働いてくれれば、きっと音楽ユーザーも増え、ユーザーにとっても、アーティストにとってもよりよい形になってくれると思いたいです。

でも、たつさんの言う通り、「いかに多くの自分たちのメッセージを伝えて行くか、また、他の曲もきいてもらえるか、ほんとうの実力が問われる時代でしょうね。」というのは、本当に今後とも問われてくるところなのかも知れないですね。違ったコミュニケーションの流れが誕生しても、結局は良いものだけが淘汰されていくようにはなるでしょうし。

機会があれば、iPodの購入も考えてみたいと思います^^

2005.08.21 Sun 04:51 | URL | 石川大地
早速のレスうれしく思います。

「結局は良いものだけが淘汰されていくようにはなるでしょうし」とのこと。全く同感です。最近感じることは、1曲の世間で話題になる寿命が極端に短くなっていることです。ミュージシャンの歌声(メッセージ)が、あたかも楽器のようになってしまっているのではないかと感じています。「うた」は、作者のメッセージ(詩)を自分の経験に投影させて共感するものでもあると思いますが、バックグラウンドミュージックになってしまっては聴く回数にも上限ができるでしょうね(そういうものもひとつのジャンルであり否定はしませんが)。末永く人々に歌い継がれるいい曲が生み出され続けることが願いです。

また、「落語って何回も同じのを聴けるものなんでしょうか?」とのご意見ですが、はっきり「聴けます」とお答えできますよ。講談や浪曲、落語の本質は日本特有の話芸であり、時節の話題が中心になる漫談や、漫才と違うところでしょう。面白いことに、日本の芸能は、聴いたことが無い芸を見聞きして楽しむこと以上に、筋をわかっていて楽しむものでもあります。同じ演目を違う演者がどのように表現するかが楽しみです。全く同じものを連続して何回もは聴きませんが、気に入った一人の名人のシリーズを通しで楽しんだり、違った縁者の同じ演目を聞き比べたりして楽しんでいます。
そうなると、iPodの長時間再生、大容量という特徴がものをいうことになり、手放せなくなっております。
2005.08.21 Sun 20:09 | URL | たつ
たつさんへ^^
再度のレスをありがとうございます^^

>ミュージシャンの歌声(メッセージ)が、あたかも楽器のようになってしまっているのではないかと感じています。

確かにそのようになっていってしまっては悲しいですよね。メッセージ性のあるもの、ないもの、作者側の真意が伝わる、伝わらないは別としても、それら自体が重要視されなくなってしまうのは、少し悲しいです。作者側も、それをどんどん軽視していくような形になるのが、一番悲しい事でもあるとは思いますし、そうならない事を願いたいですね。

落語は、同じ演目を違う演者が演じる事もあるんですね?音楽で言えば、「カヴァー」という事なんでしょうけど、それはそれで興味深いですよね。

節を分かった上で楽しむのは、何となく分かる気がします。音楽にも言える事ですが、譜面上での進行や、リズムなど、外殻に位置する形式的なところは同じであったとしても、表現する人が変われば一変しますからね。一度、iPodを購入した際には、いくつかの演目でも入れてみたいと思います^^オススメでもあれば是非とも教えてくださいね^^
2005.08.23 Tue 04:29 | URL | 石川大地
またまたお邪魔します。

お気に入りの演目ということで、いくつかあげましょうか。
育ちが三重の田舎なもんで、上方落語(大阪落語)のほうが、あっけらかんとしていて性にあっています。
江戸落語にも採り入れられているようですが、「宿屋仇」、「百年目」、「らくだ」なんかが人間の心理をうまく描いていて好きですね。多くの演者にも演じられており、CDにもなっています。主に上方の古典落語を好んで聴いていますが、好きな演者は、古くは橘ノ圓都、桂春団治、三遊亭園生、桂米朝、新しいところでは、桂文珍、桂ざこばなんかが好みです。
2005.08.23 Tue 23:52 | URL | たつ
オススメ頂いてありがとうございます☆

書いて下さった演者の中で知ってるのはわずか数名。
でも、日本の古くからの娯楽であり、今尚親しまれている
伝統芸能ですからね、非常に興味はあります。

オススメ頂いた演目などを参考に今度聴いてみたいと思います^^

2005.08.25 Thu 23:37 | URL | 石川大地
コメントする













管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://j200daichi.blog12.fc2.com/tb.php/60-99723360
トラックバック
iPodのそっくりさん
かなり前から巷では話題になっているようでしたが、このたび、「怖いもの見たさ」と
| おもしろつれづれ帳 | 2005.08.21 Sun 01:59
| ホーム |

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE

石川大地
石川大地
自然と人と音楽をこよなく愛するシンガーソングライター。武蔵野市、吉祥寺在住。
大阪で生まれ、6歳から海外に移住し、そこで他民族、様々な文化や自然、音楽に触れる事ができ、現地での聖歌隊、ミュージカルなどの活動の中、中学時代にギターと出逢い、それと同時に曲作りを開始させる。幾多のバンドにVoとして参加し、しばらくの活動休止を経て、現在のソロシンガーソングライターのスタイルに至る。



LIVE SCHEDULE

≪2010≫

6/26(土)表参道LADONNA


6/19(土)渋谷LANTERN


5/22(土)渋谷LANTERN


1/23(土)渋谷LANTERN


≪2009≫

10/17(土)渋谷LANTERN

8/2(日)渋谷SNOOTY FOX

7/25(土)渋谷LANTERN

5/2(土)渋谷LANTERN
RECOMMEND
  •          
  • ☆★☆RANKING☆★☆

  • テクノラティプロフィール


  • fc2blogranking

  • CATEGORIES
    MONTHLY ARCHIVES
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    LINKS
    BANNER
    TSUTAYA online ペットと泊まれる宿予約 部屋にオシャレを こだわりのチーズケーキの虜になりませんか?
    Google
    ADSENSE
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。