音楽と人と自然はいつも無限大。…そして『石川大地』も。 音楽と人と自然を愛し、独自の世界観を作り出すシンガーソングライター『石川大地』のブログ。

石川大地と音楽と自然と。

今日と昨日までの雨と石川大地。 | main | 夢と現実の狭間で生きる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
カナダと幼少時代と石川大地
大阪吹田市で生まれ、
6歳にして、日本の地を飛び立った。
今でも鮮明に覚えてるが、ちょうど誕生日を迎えた日に
飛行機に乗り、機内で誕生日を祝ってもらった記憶がある。
そして、6歳の誕生日に降り立った地、
そこは緑が芽生え始めた季節を迎えた北の大地、

北米、 カナダ だった。

20050703125556s.jpg

その壮大で美しい自然は世界遺産にまで認定されているほど。
それが生まれて始めての海外で
生まれて始めての移住だった。
その広大過ぎる土地の広さにビックリしたのも覚えてる。
最近では同性同士の結婚が認められた事が話題になっているけど。

カナダ、オンタリオ州トロントでの生活が始まり、
すぐ現地の幼稚園に入らされた。
でも三ヶ月もしない内に
いつの間にか英語が身についており、
半年過ぎた頃には
特に日常会話に不自由しない程度にはなっていた。

ただ、小さい頃は体も弱く、
今とはうって変わって骨格も小さく、
そして性格的にも穏やかで非社交的だった。
自分も子供であれば、周りも子供。
特に何かで苦労した覚えもないが、
確かに、少し人種差別はあったように思う。
子供心ながらに、少し悲しんだ事だったと思う。

性格のせいか、
その広大過ぎる土地のせいか(←コレは違うと思うけど笑)
あまり外出をしなかったと思う。
もちろん、カナダの大都市、トロントと言えど
真冬にもなればマイナス20度の世界。
あまりにも子供にとっては過酷な寒さだ。
それもあってか、特に外出する事もなく
家でばかりをひたすらに描いていたのが
今になって考えてみると、創作する事の
第一歩だったのかも知れない。


カナダはとにかく自然が多い、そしてとても綺麗。
例えるなら、日本の美しさでもある
四季』がしっかりと感じ取れる、
自然も食材も、そして人も。
冬は氷点下の寒さだが、
真夏では軽く30度も超す程の暑さ。
春には雪解けから息を吹き返した花や植物たちが芽生え始め、
秋は銀杏の樹がその葉を黄色く染めあげ、
メープルの葉は黄色から鮮やかな朱色に染まる。

四季の移り変わりがはっきりしている国の自然は豊かだ。
動物たちも、自然も、人たちも巡り巡って
その与えられた季節を、
それぞれの過ごし方で過ごす。
とは言え、真冬の寒さは尋常じゃないくらいなんだけど(笑)


小学校にあがる頃には
当時流行っていた音楽を耳にする機会も増えてくる。
その頃はAORの全盛期。
いわゆる80年代の時期だった。
STING George Michealもその頃は流行っていた。
兄貴が買ったカセットアルバムとウォークマンは
ちょっと遠出する時には欠かせないアイテムだった。
その頃に一番聴いていたのが

George MichealFAITH

Goergeの初ソロアルバムとして発売されたこのアルバムは
ものすごい売れ行きで、一大ブームにもなっていた。
そんな彼の歌声を何回も何回も飽きずに聴いていたものだ。

家の地下室にあったスピーカーからは
よくクラシックの協奏曲を流していた。
JAZZのスタンダードやクラシックの名曲など
良いと思える音楽は、お小遣いを使って買っていたのを覚えている。
逆に兄貴はハードでラウドな流行のロック音楽を聴いては
兄弟で対照的な印象を周りに与えていたと思う。
行く行くはそういう音楽も好むようになったけど。
今はセリーヌ・ディオンアブリル・ラヴィーン(結婚が決定したそうで☆)
NIKKELBLACKスパイダーマン1の主題歌)
SUM41(ボーカルがアブリルの婚約相手)など
有名なアーティストは数多い。

当時全米通して爆発的に人気があった
DEF LEPARD

とか、

BON JOVI

とかも何故か隠れて聴いていたりもした。

次第に音楽とより触れ合うようになり
グレゴリオ聖歌など教会にて歌うようになっていた。

年齢を重ねていき、
初めて気付いた事があった。
どんな音楽をやっていたとしても、
自分が一番最初に好き好んで聴いていた音楽、
それが根底に必ずあるんだと。
いずれはそういう音楽に回帰していくんだと
帰国してからしばらく経ってふと思った。

今はその頃聴いていた STINGGeorge Micheal に影響を再び受け、
今も尚、好き好んで聴いている。
きっとみんなにも自分が最初に買ったレコード、CD,カセット、
そういうのを心の片隅にしっかり記憶させていると思う。
今でも、それらを思い出す事もあると思うし
今でも、それらと触れ合ってるのかも知れない。
そこには色々なドラマと色々な想いがあると思う。
そんなちょっとしたドラマの一つ一つ、
大事にしていきたいし、いって欲しいし、
ちょっと覗いてみたい気すらする(笑)
だからみんなの昔の宝とか、
教えてもらえたらすごく嬉しいですね☆

音楽に関わらず
どんな小さな記憶でさえ
子供の頃に受けた印象や衝撃は
大人になった今でも忘れていないという事。
リアルタイムで80年代の音楽と触れ合えていた事を
今になっては何よりも有難く思う。
そして、2005年(何年代って呼ぶのかな?)になった今、
彼らのSOULを引き継いで、
より新しい何かに転化していければ
少年時代の自分も喜んでくれるんじゃないかなって
何となく思えてきた。

今は色んな人が留学
夢を追ってカナダでの生活を楽しんでいる。
これから行く人も帰ってくる人も、
カナダでは色々と発見があると思う。

今のカナダ、、、
トロント、モントリオール、バンクーバー、ケベック、カルガリー、、、
どんな景色になってるんだろう?





スポンサーサイト
| | 12:56 | トラックバック:2コメント:6
コメント
カナダ、オーストラリア、デンマーク、スペイン、イタリア
行ってみたい国といえばこの辺り
なんとなく地球の歴史や人類の歴史が感じられそうなところ
2005.07.03 Sun 20:12 | URL | kyai
はじめまして。トラックバックありがとうございます。
私は今、カナダに住んでいますが、日本では吉祥寺のすぐ近くに住んでいたんです。

カナダでは東側のヨーロッパの影響を受けた地域が好きです。日本も四季はありますけど、すっごく寒い冬を越えた後の春の感動って、いいですよね~
2005.07.04 Mon 09:46 | URL | あちゃこ
kyaiさん、あちゃこさんコメントありがとうございます^^
>kyaiさん
デンマーク、スペイン、イタリア、、、
いいですねぇ、是非行ってみたいところです。
特にヨーロッパはいまだに行った事もないので
是非とも行ってみたいって思ってるんですけどね。
一番行ってみたいのは
イギリスとノルウェーですね☆

カナダとオーストラリアは地球の歴史は感じられるかも知れないですね。でも、両方とも国の歴史は浅いので、原住民と接点を設ければ、あるいは人類の歴史も感じられるかも知れないですね^^

>あちゃこ
嘘っ!?吉祥寺の近くに住んでたんですか?
大地とは真逆ですね。カナダには住んでたけど、今は吉祥寺、ですからね(笑)
なんとも偶然があるものですね^^

ヨーロッパの影響を受けている東側、ケベックやモントリオールなどの元フランス領地、旧都市ですね。いいですよね、古城とか、緑色の屋根がライトアップされて綺麗ですもんね。
カナダの春はもぉ最高です!!!感動です!!!!
いつかまた帰省したいって気持ちで一杯です。行く事になったら今のカナダを案内してくださいね(笑)^^
2005.07.04 Mon 10:10 | URL | 石川大地
トラックバックありがとうございます。
カナダには、海外の金融情勢などを勉強するという建前で行ったのです。実際は、観光の方が中心になってしまいましたが・・・
(トロント・モントリオールを見てきました。)

行ってみて思いましたが、良いところですね~!食べ物も美味しかったし、人もフレンドリーでしたし。

冬はとても寒いそうですから、今度は秋に行ってみたいと思います。


2005.07.04 Mon 11:01 | URL | CFPnakase
こんばんは。
TBありがとうございました。
George Michealはちょうど『 FAITH 』 のツアーのときに
みにいったことがあります。
元気で楽しいステージでした。
2005.07.04 Mon 21:21 | URL | honey
CFPnakaseさん、 honeyさんコメントありがとうございます^^
>CFPnakaseさん
カナダは至るところに自然や歴史があって、
そういう意味ではどこにいても、観光には
なってしまいますもんね。気持ち分かります(笑)

秋頃のカナダは、そりゃもう綺麗です!!
真っ赤に染まった時の紅葉なんてもぉ!!!!
是非是非、行ってみたくださいね^^

>honeyさん
『FAITH』は本当に画期的な作品ですよね。
小学生だった当時はそんな事は考えもしなかったですけど、やはりとてつもなく印象に残ってた作品なんです。今も尚、色褪せずに好んで聴く作品でもありますね。
残念ながらその頃はTVでしか観た事がなかったので、ライブはちょっと羨ましいですね^^
2005.07.05 Tue 13:46 | URL | 石川大地
コメントする













管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://j200daichi.blog12.fc2.com/tb.php/27-30a5fe66
トラックバック
カナダ・アメリカ三大絶景を巡る旅日記61
■3日目(平成17年5月28日)7:15 渋滞もなくスムーズにバッファロー・ナイアガラ空港(BUF)へ到着。搭乗券を添乗員Yさんから受け取りノースウエスト航空のマイレージをバッファロー・ナイアガラ空港カウンターでカウントする必要のないチケットであることを皆で確認。(添乗
| 明日になればまた変わる | 2005.07.04 Mon 18:51
アヴリルとデリックが結婚へ
Yahoo!ニュース - 時事通信 - カナダの20歳歌姫アブリル・ラビーンが結婚へ 歌手アブリル・ラビーンさんが 長年のボーイフレンドでパンク・バンド「サム(Sum)41」の リードボーカル、デリック・ウィッブリーさん(25) と結婚することになったとラビーンさんの広報担当が2
| Happy☆Lucky | 2005.07.04 Mon 21:19
| ホーム |

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE

石川大地
石川大地
自然と人と音楽をこよなく愛するシンガーソングライター。武蔵野市、吉祥寺在住。
大阪で生まれ、6歳から海外に移住し、そこで他民族、様々な文化や自然、音楽に触れる事ができ、現地での聖歌隊、ミュージカルなどの活動の中、中学時代にギターと出逢い、それと同時に曲作りを開始させる。幾多のバンドにVoとして参加し、しばらくの活動休止を経て、現在のソロシンガーソングライターのスタイルに至る。



LIVE SCHEDULE

≪2010≫

6/26(土)表参道LADONNA


6/19(土)渋谷LANTERN


5/22(土)渋谷LANTERN


1/23(土)渋谷LANTERN


≪2009≫

10/17(土)渋谷LANTERN

8/2(日)渋谷SNOOTY FOX

7/25(土)渋谷LANTERN

5/2(土)渋谷LANTERN
RECOMMEND
  •          
  • ☆★☆RANKING☆★☆

  • テクノラティプロフィール


  • fc2blogranking

  • CATEGORIES
    MONTHLY ARCHIVES
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    LINKS
    BANNER
    TSUTAYA online ペットと泊まれる宿予約 部屋にオシャレを こだわりのチーズケーキの虜になりませんか?
    Google
    ADSENSE
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。