音楽と人と自然はいつも無限大。…そして『石川大地』も。 音楽と人と自然を愛し、独自の世界観を作り出すシンガーソングライター『石川大地』のブログ。

石川大地と音楽と自然と。

北日本の旅~青森(十和田湖)、秋田~と石川大地と。 | main | 北日本の旅~東京→埼玉→栃木→宮城→岩手~と石川大地と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
北日本の旅~岩手→青森(恐山、十和田湖)~と石川大地と。
仙台の牛タンを堪能してからは、
わずか2・3時間の滞在で次なる目的地へと車を走らせた。

次に向かうは…

恐山

青森県の下北半島のむつ市に位置する硫黄山。

日本三大霊山(恐山、高野山、比叡山)、
日本三大霊場(恐山、白山、立山)、
日本三大霊地(恐山、立山、川原毛)の一つで、862年に慈覚大師が開山したと言われている。


恐山山道

盛岡から太平洋沿いに車を走らせ、走る事数時間、
妙な雰囲気の山道に入り、数字が掘られた石碑のようなものが
いくつか目につくようになってくる。

やはり霊山なだけあって、その雰囲気も独特だった。
まだ残雪が強く残る道を走らせると、山頂に近づくにつれて
お地蔵の数も増えていき、周りを包み込む空気も一層に重々しく感じる。

そのようなどろ~んとした道を走らせていると、
急に開けた道に入り、やがて窓の外から異様な臭いがしてくる。

硫黄の臭い。

恐山の池

臭いに気付いてからすぐ、窓の外に静かな湖、
池と呼ぶ方が相応しいような規模だが、
宇曽利山湖という名の立派な湖だ。

その近辺には硫黄が吹き出るところが幾つもあり、
おそらくはその水が湖へと流れているのだろう。
湖は波立ちもせず実に静かで、
魚などの生物の存在さえも確認できない。
殺伐としたその異空間は、
まるで天国地獄かを垣間見たような心地だ。

三途の河

その湖の麓に、三途の河と書かれた札が立てられている橋があった。
とても短い橋だが、何故だかあり得ないくらいの急勾配。
興味本位で二回も渡ってしまったが、果たしてよかったのだろうか…。

湖のすご隣には神社らしき建物が見えたので、
車を停めて、建物の中へ足を踏み入れてみる。

恐山神社

寺名は恐山菩提寺(円通寺)。本尊は、延命地蔵菩薩。

恐山の麓に位置するその神社は実に立派な建物だったが、
そのすぐ隣りで新しく建設されている建物が目につき、
何だかなぁ~と不思議な気持ちになったのを覚えている。

「イタコいます」などの看板もあったが、
どうやら準備中だった様子で、中には入れなかった。
ちなみにイタコは大祭(7月20~24日)の時期のみに出るらしい。
いつでも恐山の霊場にいるものではないそうだ。
また大祭時には、イタコに依頼する参詣者が殺到し、
予約をしないと口寄せは叶わないという話だという。

えっと、、、商売上手??

恐山を一通り見て回った後、
下北半島を縦断する途中に位置する街、

横浜町

陸奥横浜駅

へと車を走らせた。
正確には陸奥横浜町だが、関東に住む人間には馴染みの深い地名。
どういうところだか気になったので駅へ向かってみる。

駅は実に寂れた、とても風情のある田舎駅だった。
駅周辺も特に栄えてもいなく、駅員も一人いるだけだった。

陸奥横浜駅ホーム

ふとこういう田舎で生活するところを想像してみたが、
なかなか都会に馴染んでしまった人間には想像し辛いところがあった。

その横浜街の一角にある洋風な建物にて、
「菜の花フェスティバル」が開催されていた。
地元名産品で、季節でもある菜の花を催すイベントだ。

横浜町菜の花フェス

そこで菜の花アイスクリーム菜の花ケーキなど売られていたが、
さすがに食べる勇気もなく、菜の花コロッケパンなどを食べてみた。
やはり田舎のそういう素朴な料理は美味しい。
本当にお世辞抜きに何を食べても美味しく感じられる。
きっと菜の花アイスクリームも美味しいに違いない…?

横浜町を後にし、更に南へ向かってみた。
下北半島を南下し、愛車に鞭を打ちつつも、また道を走らせた。
未開拓な国道とかを走らせるのはとても気持ちがよい。
見晴らしが素晴らしいし、空気の清らかな場所は無条件で気持ちがいい。

十和田湖道

さて、次なる目的は十和田湖にある奥入瀬渓流である。

またこれも後日記していこうと思う。



石川大地 blog
bn

fc2blogranking
スポンサーサイト
| | 15:41 | トラックバック:1コメント:0
コメント
コメントする













管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://j200daichi.blog12.fc2.com/tb.php/136-3dc6931b
トラックバック
宇曽利湖宇曽利湖(うそりこ)は、下北半島のほぼ中心にある湖。湖全体が青森県むつ市に属する。地図上では宇曽利山湖と表記されているが地元では宇曽利湖と呼ばれている。そのため地図の表記を宇曽利湖にしようという動きがある。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Q
| 日本の自然を見つめる瞳 | 2007.08.07 Tue 08:31
| ホーム |

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE

石川大地
石川大地
自然と人と音楽をこよなく愛するシンガーソングライター。武蔵野市、吉祥寺在住。
大阪で生まれ、6歳から海外に移住し、そこで他民族、様々な文化や自然、音楽に触れる事ができ、現地での聖歌隊、ミュージカルなどの活動の中、中学時代にギターと出逢い、それと同時に曲作りを開始させる。幾多のバンドにVoとして参加し、しばらくの活動休止を経て、現在のソロシンガーソングライターのスタイルに至る。



LIVE SCHEDULE

≪2010≫

6/26(土)表参道LADONNA


6/19(土)渋谷LANTERN


5/22(土)渋谷LANTERN


1/23(土)渋谷LANTERN


≪2009≫

10/17(土)渋谷LANTERN

8/2(日)渋谷SNOOTY FOX

7/25(土)渋谷LANTERN

5/2(土)渋谷LANTERN
RECOMMEND
  •          
  • ☆★☆RANKING☆★☆

  • テクノラティプロフィール


  • fc2blogranking

  • CATEGORIES
    MONTHLY ARCHIVES
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    LINKS
    BANNER
    TSUTAYA online ペットと泊まれる宿予約 部屋にオシャレを こだわりのチーズケーキの虜になりませんか?
    Google
    ADSENSE
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。